サードテクノロジーから2020年12月15日待望の新製品発売!

エナジーボックスbasisシリーズは、即体感をコンセプトに開発しており取付直後から車に変化が現れます

■basis BT

(単体で使用可)

取付後のチェックポイントは下記の通りです。

1.エンジン音が静かになる!

オーディオにこだわる方にとって、車内でエンジン音が気にならなくなるメリットは大きいです。

2.低速時のトルクが増加!

取付直後に車を発進させた瞬間から…今までと何か違う!と感じ、車が軽くなったようなイメージを持つ方が多いです。

3.車が速くなる!

車のスピード感に敏感であるサーキット走行をされる方を対象に、ご自身のくるまで検証してもらいました。

結果は明らかに速くなっていると体感できるレベルです。

一般の方でも、トップスピードまでが明らかに速くなっていると感じる方が多いです。

4.カーオーディオの音が変わる!

特に低音の質感がリアルになり、全帯域で音楽情報量がアップし音楽が楽しめるようになります。

 

■basis BT+

(basis BTと併用が条件・単体使用不可)

2個目のチェックポイントは下記の通りです。

1.エンジン音がさらに静かになります!!

BT取付時よりも、さらに静かなエンジン音に変化します。正確な燃料噴射が行われるようになり、アイドリングが安定するためです。

2.全帯域でトルクが増加しレスポンスアップ!!

トルクカーブがフラットに近くなる為、どの回転域でも走りやすくなります。トルク増加により、さらに車が軽くなる感覚を体感できます。

3.マイルドな走りに変化し、車はさらに速くなる!!

BTのみの取付だと、少しトゲのある走りに変化したものが、マイルドな走りへ変化します。

一般の方がBT+を追加すると、先ほどよりも遅くなったように錯覚することがあります。

これは全帯域でトルクのある車の走りに慣れていないため、先程よりも速くなったと感じにくいからです。

人間の感覚では、特定の回転域でトルクがあるポイントと、ないポイントの差が大きい方が速く感じます。

車のチューニングでも、差をつけた方が速く感じることから、そのような調整をすることがあるようです。

走りの世界ではECUで燃料値を濃くすると馬力を上げることが可能ですが、代償としてトルクは失われる傾向にあります。

しかし…basis BT/BT+の効果で凄いのは、馬力も上がりトルクも上がることです!!!

サーキット走行をされている方やベテランクラスの走り屋の方々の感想では、普通に考えてもアリエナイ程の車の変化に驚愕されております。

4.カーオーディオの音は全周波数帯域で激変します!!

カーオーディオユニットを動かし切るための高品質の電力が供給できるようになり、高音質になります。

メインユニットからスピーカーまで、全てが純正を使用している車でも、驚くほどに高音質になります。

音の立体感、奥行き、情報量、メリハリがうまれます。